転職を考える20代の方のための5つの流れ

転職を考える20代の方のための5つの流れ

 20代の転職の難しいところは、人によって能力にも知識にも経験にも、大きな差が現れてしまう点。それぞれの個性にばらつきがありますから、それに適した転職活動をすることが求められます。その個性の捉え方に着目しながら転職の流れを把握しておきましょう。

 

 

転職準備

 

 転職準備として、その自分の個性を捕まえる作業をしなければなりません。一般的には自己分析と呼ばれていますが、ここで個性を正確に捉えることが何よりも大切です。現状を踏まえながら、それに適した転職計画を作ることもお忘れなく。強い気持ちと前向きな思考もここで養っておきましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

求人情報

 

 求人情報にも個性があります。あなたの個性と企業の個性、これがピッタリと合うか考えていくのが求人情報収集。企業の個性をどの部分に見出すのか、そこを意識しながら求人に目を向けなければなりません。エージェントの利用で双方の個性を見出してもらう、これもひとつの方法でしょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

応募書類

 

 履歴書や職務経歴書は、まさに個性の宝庫。20代が少し気を付けたいのは、個性が個性的になり過ぎないようにすること。人間的な個性よりも、仕事の面で他の人よりも優れた能力を発揮できるか、ここを企業は知りたいわけですから、働く上での個性を書き示すことを意識しなければなりません。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

面接対策

 

 面接も、どうしても個性が出てきてしまう部分。やはり人間的な個性は控え目に。特に癖や態度、喋り方に個性があると採用は遠のきます。趣味などに個性がある分にはいいですが、「それも実は仕事に役立っている」、そんなリンクのさせ方をすれば、その個性はアピールとして十分機能するはずです。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

退職・入社準備

 

 転職活動の中に退職活動も含まれるのであれば、これは最も個性を出す必要がない作業となるでしょう。退職の理由も進め方も個性を出すのではなく、一般的で常識的な、あるいは会社の規則などに則っているのが一番であり、そして無難です。

 

 

【参考記事】

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ