20代が転職で失敗したと思ったら

20代が転職で失敗したと思ったら

失敗だと思う理由を考えてみよう

 

 20代は転職市場でも人気が高く、応募可能な求人数も豊富です。そのため、職種や勤務条件に惹かれて、十分な企業研究を行わずに応募し、入社後にミスマッチに気づく転職者が少なくないのも現実です。

 

 もし、あなたが転職先企業に入社してから、失敗したと感じたなら、まずその理由をきちんと考えてみてください。求人票や面接時に聞いていた仕事内容や勤務条件と違う、社風が合わない、職場の人間関係が悪いなど、思いつくものを全部あげるのです。

 

 そして、その点を改善するためにはどうしたらよいかも、一緒に考えるのです。場合によっては、企業側との話し合いが必要となります。このプロセスをきちんと経たうえで、自分の進退について考えましょう。

 

すぐに転職活動を始めるべきかどうかを見極めよう

 

 転職に失敗したからと、すぐに退職をして活動を再開することは、あなたのキャリアを考えると、決しておすすめはできません。20代の場合、確かに応募可能な求人は多いですが、同時に応募者も多いものですから、短期間で転職活動を始めるひとを、わざわざ採用しようと考える企業はないものです。

 

 それは、短期間での転職は「不満があるとすぐに会社を辞めてしまうひと」というレッテルを、自分自身に貼ることとイコールだからです。だからこそ、企業側と話し合い、改善されなかったという事実を、次の転職活動の応募書類の中で説明することが、必要になるのです。

 

 入社した企業がブラック企業でない限り、すぐに転職活動を始めるかどうかは、慎重に見極めた方が無難です。また、自分のリサーチ力不足が原因であることも認識し、次の転職活動に活かせるようにしておきましょう。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ