20代の転職活動期間、どのくらいか知っていますか?

20代の転職活動期間、どのくらいか知っていますか?

普通の20代なら2か月もかからず内定ゲット

 

 転職活動のやり方や進め方などには個人差があるもので、転職希望者も無理に周囲の人に合わせながら活動していく必要はありません。しかしそれでも、転職市場という一種の塊の中で活動を行うわけですから、一般的な傾向などは知っておいた方がいいでしょう。それを参考にしつつ動くことができるため、自分にとって何かしらのメリットにはなると考えられます。

 

 普通の20代なら、2か月もあれば内定のひとつやふたつはもらえるのではないでしょうか。第二新卒者も含め、20代の転職希望者のニーズは確かにあります。職種を変えようと考えている人でも20代であればニーズは少なくありませんから、転職活動にかかる期間も2か月程度あれば十分であると考えられるでしょう。

 

 

キャリアと頑張りが乏しければ4か月ほど

 

 あまりにもキャリアが乏しい、あるいは活動に邁進しないようだと、内定を受け取るまでに4か月ほどはかかってしまうかもしれません。

 

 20代ですからそもそもキャリアはそこまで多くはないかもしれませんが、それでも社会人としての経歴はとても重要。就職したけどすぐに辞めてしまっていたり、20代にもかかわらず既に幾度の転職を繰り返している人は、どうしても敬遠されてしまうことが多くなってくるでしょう。

 

 4か月どころではなく、半年やそれ以上の活動期間を要する人ももちろんいます。そんな人になりたくなければ頑張るしかありません。頑張りでキャリアをカバーすることはできますから、上手な転職活動を行い、新たな一歩を踏み出す努力をしてみましょう。

 

全てが噛み合えば数週間で転職可能

 

 さすがニーズの高い20代、いろいろな要素が上手く噛み合うことで、数週間というとても短い期間で内定をもらうこともできてしまうはずです。

 

 いろいろな要素とは、例えば、たまたまあなたのような人材を求めている企業に早くに出会え応募した場合。運と思われがちですが、自己分析と企業研究の賜物とも言えるのかもしれません。

 

 他にも、自分と相性のいい転職エージェントやキャリアコンサルタントと出会うことができれば、これも短期間での転職を可能にする要素となるでしょう。それほどあっさりと転職できてしまう可能性を秘めている20代。転職するなら今まさにこのタイミングがベストなのかもしれません。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ